スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「ブログ」、開設しました! → 戦争の悲劇、新作講談「火垂るの墓」を聞いて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 山歩き
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png ボランティア
もくじ  3kaku_s_L.png 趣味
もくじ  3kaku_s_L.png 平和
もくじ  3kaku_s_L.png 自然
もくじ  3kaku_s_L.png 旅の想い出
  • 【「ブログ」、開設しました!】へ
  • 【 戦争の悲劇、新作講談「火垂るの墓」を聞いて】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

山歩き

秋田駒ヶ岳と乳頭山に登る

 ←「ブログ」、開設しました! → 戦争の悲劇、新作講談「火垂るの墓」を聞いて

 この夏、8月19日から22日、「健康・生きがいづくり」のハイキングの会の仲間21名で秋田・田沢湖高原に行って来た。
 横浜から往復バスッアーで、田沢湖高原温泉に泊り、秋田駒ヶ岳(1637m)と乳頭山(1477m)に登って来た。全国的に雨という天候不順な予報、横浜を出て間も無く、バスのフロントガラスには、雨が降り出し、いやな予感がした。
 しかし、幸いに、翌日は、予想外に好天気に恵まれ、秋田駒ヶ岳に元気で登ることが出来た。秋田駒ヶ岳は一つの山でなく、最高峰の男女(おなめ)岳,,男(お)岳、女(め)岳など、複数の峰がそれぞれの独特の山容を持ち、総称して、秋田駒ヶ岳と言っている。現在でも、活火山で、気象庁が噴火警戒レベルを定めている山だ。また、高山植物が豊な山として知られ、「深田久弥」が日本百名山に入れたかったという山で、白い可憐なウメバチ草、紫のミヤマリンドウ、黄色のアキノキリン草などの群落が見事だった。
 3日目、晴れ、ついている。乳頭温泉郷から乳頭山へ。何も見えない長い樹林を抜け、田代湿原に出ると、展望の良い広大な風景が展開し、なだらか中にひときわとがった乳頭山頂が印象的だった。
 帰路は、雨。中2日、好天に恵まれ、山にも、温泉にも恵まれた旅だったが、宿のホテルの別棟には、東日本大震災の被害者を受けた福島、宮城県のご家族、子供さん等、皆さんが仮設住宅が出来るまで、待機をしているとの話を聞き、少しでも早く安定した生活に戻れることを願わずにはいられなかった



秋田駒ヶ岳への稜線を行く

秋田駒ヶ岳の稜線を行く(1637m)


乳頭山からの田沢湖

稜線から田沢湖を望む

弥陀ヶ池からの男女岳

男女岳(おなめ)(1637m)


朝方の秋田駒ヶ岳

山麓からの秋田駒ヶ岳



 


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 山歩き
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png ボランティア
もくじ  3kaku_s_L.png 趣味
もくじ  3kaku_s_L.png 平和
もくじ  3kaku_s_L.png 自然
もくじ  3kaku_s_L.png 旅の想い出
  • 【「ブログ」、開設しました!】へ
  • 【 戦争の悲劇、新作講談「火垂るの墓」を聞いて】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「ブログ」、開設しました!】へ
  • 【 戦争の悲劇、新作講談「火垂るの墓」を聞いて】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。